春の装いに少しマンネリしてくる時期。初夏に備えて、今のうちに更新しておきたいところ。
そんな時は、コーディネートに新たに1点投入するだけで着こなしをブラッシュアップしてくれる便利アイテムの出番です。
クリーンでフレッシュなスタイルを手に入れて!

画像クリックで着用商品一覧をご覧いただけます。

NEW ITEM1 ロールネックのブラウス Roll Neck Blouse

画像クリックで着用商品一覧をご覧いただけます。

首元に高さのあるトップスは春から続くトレンドアイテム。初夏に向けて新たに手に入れるなら、シアーな素材を使用したノースリーブがおすすめ。
ブラウスの裏地には、清涼感があり、汗をかいても肌にベタッとはり付きにくい素材を使用しているのもポイントのひとつ。
ブラウスは、織りの工夫でストライプ調に仕上げていて、さりげなく縦ラインを強調するので、体をすっきりと見せてくれる効果があります。ギャザーで広がりをつくった裾は、トップスをボトムにタックインせずとも決まるうえ、気になる腰回りをおしゃれにカバーしてくれます。

NEW ITEM2 フラワー柄のプリントのラップ調スカート Wrap Skirt with Flower Print

画像クリックで着用商品一覧をご覧いただけます。

ここしばらく人気のラップ調デザインのタイトスカートは、フラワープリント柄に更新!愛らしいフラワープリントながら、スカート生地のベースはグリーン×ネイビーのバイカラー。加えて、ラップ調部分はネイビーのラインが縦に入っているので、大人っぽく見えるのがポイント。
こんなエレガントなスカートなのに、水洗いできるのも、これからの汗をかく時期にはうれしい限り。
トップスやジャケットを合わせるときは、スカートと色が近い寒色系を選ぶと簡単。

画像クリックで着用商品一覧をご覧いただけます。

NEW ITEM3 ニットチュニック Knit Tunic

画像クリックで着用商品一覧をご覧いただけます。

手持ちのスカートやパンツに合わせるだけで、今の気分にマッチする装いを叶えてくれるのがこのニットチュニック。ニット素材なので、カットソー素材のチュニックより大人っぽく、旬のレイヤードスタイルを楽しめます。サイドスリットが深めに入っているため、長めのボトムを合わせても、重く見えないのもポイント。仕上げに、かごバッグやコルクソールのサンダルで、リラックス感を添えて。

画像クリックで着用商品一覧をご覧いただけます。

画像クリックで着用商品一覧をご覧いただけます。

NEW ITEM4 グリーンの麻混ワンピース Green One-Piece

画像クリックで着用商品一覧をご覧いただけます。

上品なフレアデザインのワンピースは、これからの時期ならグリーンを選ぶと鮮度抜群。麻混の素材は、涼しげな印象をアピールしてくれます。ワンピースのフロントには、フロントタックのディテールが施され、華やかさを盛り上げて。
合わせるアイテムをベージュに統一することで、ワンピースの鮮やかな色が際立ち、パッと目を惹くコーディネートが完成します!

画像クリックで着用商品一覧をご覧いただけます。

NEW ITEM5 光沢素材のセットアップ Glossy Set Up

仕事の日にも休日にも使えて、テクニックいらずでおしゃれになれるセットアップは何組あっても便利なもの。これからの時期に買い足すなら光沢素材がイチ推し。上品な光沢と落ち感のある麻混素材は、きれいめな印象、リラックス感のある印象、どちらも叶います。 ブラウスの袖山部分とスカートのウエスト部分に施されたピンタックデザインがアクセントに。スカートのウエストにあしらわれたグログランテープもおしゃれ感を高めて。
結婚式のお呼ばれも多いジューンブライドの時期にも大活躍すること間違いなしです!

NEW ITEM6 ギャザー袖ブラウス Gathered Sleeve Blouse

トップス1枚、ボトムス1枚でコーディネートが完結する時期。1枚で着映えが叶うブラウスはとても重宝します。このブラウスは、襟ぐりや袖に入ったキャザー&ステッチがポイント。サテンのような上質な光沢感ととろみのある質感も併せもっています。ギャザーが効いたブラウスは、上半身が大きく見えて苦手という人もいると思いますが、このブラウスはフロントをセットインスリーブ、背面をラグランスリーブにすることで、すっきりときれいに見える工夫をしています。
ジャカード織りでボーダーを表現したタイトスカートと合わせれば、初夏の華やぎスタイルが手に入ります。

画像クリックで着用商品一覧をご覧いただけます。
  • Photographer : Manabu Mizuta (NOSTY) [Model]
  • Model : Hana Matsushima
  • Hair & Make up : Keiichi Hiramoto
  • Styling : Chiho Oosaki
  • Writing : Kanako Takahashi
  • Direction : Mahoko Iizuka