WEB LOOK II

Style / 01

春のレイヤードは“MIX”が基本。

Wブレストジャケット×パーカー×ハイネックブラウス×レースタイトスカート。異なるテイストのアイテムを重ねることで、印象はあらゆる方向に広がり、新たな着こなしが生まれます。トレンドとベーシックのバランスもとれたスタイルは、今の気分にぴったり。

Coordinate item

ボックスジャケットセットアップ
¥13,000 (税抜)

Style / 02

甘さをレトロに昇華させるカラーテク

レースや花柄、フレアスカート。甘みのあるロマンティックアイテムにはパープルやシルバーといったレトロ感のあるカラーを投入させることで、スパイスを感じさせて。ハイネックにニットを重ねたクラシカルな装いがトレンドライクでもあり、現代と'60sをバランスよく行き来します。

Coordinate item

ハイゲージニットボリュームカーディガン
¥7,200 (税抜)

Style / 03

ビスチェでレイヤードトレンドを制す

テクニックいらずでトレンドのレイヤードスタイルをマスターできるレースビスチェは、柄ブラウスに合わせて、透け感をクリーンに演出。ギンガムチェック、ボリュームスリーブ、チノとあどけなさの残る組み合わせもタイトマキシスカートで大人カジュアルに。

Coordinate item

レースビスチェキャミソール
¥4,800 (税抜)

Style / 04

今纏うなら、ほっとする色気。

とろみのあるシャツワンピースは、それだけで女っぽくなるパワーアイテムですが、白のチャンキーサンダルや雑材バッグでラフな印象をプラスすれば、また新たな表情を手にすることができます。共布ベルトを使わずにあえて手持ちのベルトにチェンジする選択にも注目。

Coordinate item

トロミシャツワンピース
¥10,000 (税抜)

Style / 05

あえて、リラクシー。

しっかりした素材の隙のないロングワンピースも、襟抜きと遊び心あるストライプベルトでリラクシーなホリデイスタイルに。シャツワンピースは着こなし方によって印象も変化するから楽しい。店舗のみで展開する東京リミテッドカラーのALL STARなど、ミーハーアイテムとも好相性です。

Coordinate item

開襟シャツワンピース
¥10,000 (税抜)

Style / 06

似合わせ上手なスタイルもより私らしく

コンパクトトップスにフレアスカートでシルエットにメリハリをつけた上品なスタイルは、タイプを問わず似合わせ上手な組み合わせ。シーズンライクなリネン混のスカートはラップ風デザインで、きちんとトレンドも押さえます。色の組み合わせで遊べば、雰囲気のある装いに。

Coordinate item

麻マキシスカート
¥9,200 (税抜)

Style / 07

気取りたい日の気取らないお洒落

白T×ベイカーパンツに今っぽいダブルの紺ブレザーを合わせて、あえてわかりやすく「大人カジュアル」を楽しむ。今の気分は、クラシカルなバニティバッグ、華奢なカラーパンプスなど小物で極端に女っぽさを足したスタイル。相反する表情を角度によって好転させます。

Coordinate item

紺ブレザー
¥13,800 (税抜)

Style / 08

マリンスタイルも鮮度を上げて

マルチボーダーのボートネックリブニット×キャスケットにヌーディーカラーのタイトジャンパースカートを合わせて、マリンスタイルもレディライクに仕上げるのが新鮮。バニティとミュールのカラーはボーダーに合わせて全体に統一感と深みを演出するのがポイントです。

Coordinate item

タイトジャンパースカート
¥9,800 (税抜)

Style / 09

カラーアイテムのルールを知ること

カラーレスなVネックニットとレースタイトスカートの定番スタイルは、今季の新色ライトグリーンのノーカラーコートで鮮度を上げて。メタリックサンダルやホワイトバッグなど、小物の色味にも気を配れば、全体にカラーギャップが生まれ、深みのあるコーディネートが完成します。

Coordinate item

ハイツイストダブルクロスコート
¥15,000 (税抜)

Style / 10

挿し色で映える、ベージュ。

定番のスウェードブルゾンは、春らしいペールカラーでフェミニンに合わせがちですが、甘くなりすぎないようヴィヴィッドなブルーに重ねてアップデート。コンパクトリブニットとフレアスカートの最早ベーシックな組み合わせも、目を引く配色でぐっと今季らしく。

Coordinate item

スウェードレザーブルゾン
¥9,800 (税抜)