「Neo Classic Lady」をテーマにレディーなクラシックスタイルを提案する秋のPINKY&DIANNE。
フリーアナウンサーに転身し、まさにドラマティックな人生を歩む宇垣美里さんが着る
ニットやボウタイブラウスは、上品で艶っぽい。いつもと違う顔で魅せてくれました。

No.01 ニットセットアップ

「力の入りすぎない女っぽさ」

女度高めなリブニットのセットアップも、
ゆったりとしたシルエットならボディラインを
華奢に美しく魅せてくれる。
ふんわり質感が可愛げのある
ボアブルゾンで抜けをプラスして。

No.02 ボウタイブラウス

「強さの中にも品を醸して」

クラシカルなプリントがレディな印象の
ボウタイブラウスは今シーズンのムードたっぷり。
レザースカートで少し強めにコーディネートすれば
女性らしさがぐっと引き立つ。

No.03 艶ブラウス

「上品の着映える」

今季注目の光沢のあるサテンの艶ブラウス。
構築的なデザインのカフスにパールボタンが
アクセントとなりリュクスな大人の女性を演出。
パンツスタイルでマニッシュに引き算を。

VARIATION クリーンなホワイトは顔を明るい印象に。
パールとのコントラストが効くのはブラック。

ABOUT FASHION & LIFESTYLE

いま最もドラマティックな女性、宇垣美里さんに迫る10の質問
<ファッション・ライフスタイル編>

ピンキー&ダイアンの服を着てみてどうでしたか?
スタイルがよく見える服が多いですよね。好きだったのは今回サテンブラウスに合わせたパンツとVol.02で着たレオパードのスカート。今日はかっこ良く行くぞ、って時に着たいです。
好きな服の雰囲気ってどんなスタイル?
一見変わった服が好き。今日着てきたワンピースも配色が気に入って一目惚れで買いました。
スタイルキープのためにしていることは?
食べないのは苦手なので、食べすぎたなっていう時は地元のジムで走っています。
メイクで一番こだわるところは?
その日のテーマを決めて日によって変えるのがこだわりです。いつも決まったメイクをする、っていうことはないかも。
食べ物で気をつけていることは?
美味しくないものでお腹いっぱいにしたくないから、とりあえずお腹に入れるならむしろ食べない。人生であと何回ご飯を食べられるのか考えちゃいます。
ご褒美ディナーに行くとしたら何を?
みんなで行こう、ってなるのは焼肉かな。あとはしゃぶしゃぶとか。やっぱりお肉がテンション上がりますね。

1日の中で何をしている時が一番好き?
家のソファーでゆっくり本を読む時間。小説が特に好きでよく読んでいます。
最近楽しかったことは?
友達と北海道へ行って美味しいものを食べたこと。

休みが3日あったら何をしますか?
一人でも旅行に行きます!でも3日かぁ。ほんとは海外に行きたいですけどね。
今まで行った海外で一番良かったのは?
スペイン。食べ物は美味しいし、建築はどれもかっこいい。あとは人が陽気なところが好き。あ、ウィーンとかフィンランドも好きでした。
  • STAFF
  • Model: MISATO UGAKI
  • Photo/model: TAKAO SAKAI(aosora)
  • Photo/still: JUN HAJIME
  • Styling: REIKO KUSUNOKI
  • Hair & Make-up: MIHO MATSUDA
  • Text: MADOKA TAKANO(FMJ STUDIO)
  • Edit: RINAKO KUWAHARA(FMJ STUDIO)
  • Design: JOMON(FMJ STUDIO)
  • Creative Direction: YUKI SUGAWARA(FMJ STUDIO)